株式会社ランデザイン

langDesignのlangはlanguageから来ています。languageは「言葉」を意味しますが、言葉に限らず「伝達」の意味もあり、langDesignという社名には「コミュニケーションをデザインする」という気持ちが込められています。
私たちが考えるデザインの役割は、さまざまな「もの・こと」をつなぐこと。ものとこと、ひととひと、ひとと社会、文化と未来など、デザインによってつなぐことができるフィールドは多様です。langDesignでは、取材や対話を大切にしながらさまざまなプロジェクトに取り組んでいます。

573-1106
大阪府枚方市町楠葉1-31-2
(京阪樟葉駅 徒歩10分)
Google map

tel 072-845-4344 
mail

設立
2005年11月 ランデザイン設立
2008年12月 株式組織に法人化

SNS
Tumblr(制作事例)
Facebook
Instagram
Blog (2019年以降の記事)
Blog (2018年までの記事)

スタッフ紹介

浪本浩一
株式会社ランデザイン 代表取締役

アートディレクター、グラフィックデザイナー。

1971年生。大阪府枚方市出身。
京都芸術大学芸術学部 芸術教養学科卒業
ヴィジュアル・デザイン研究所修了

企業、商品、まちのブランディングやデザインを手がけている。
ものづくりの人たちとの交流も多く、デザイナーと職人をつなげ新たな広がりを生み出す「KRAFKA」「扇町マテリアル会議」などの活動を行っている。
最近は、地域課題、社会課題に対して、デザインの力を使って新たな価値を創造することにも取り組んでいる。

2014年『モリサワタイプコンペティション』和文書体部門 金賞、欧文書体部門 銅賞、明石賞。
2015年10月 個展「デザインの思考と試行」開催。
2017年9月 ブルーノ・ムナーリ協会会長シルヴァーナ・スペラッティ氏による「ブルーノ・ムナーリ・メソッドの基本要素」に関する18時間の講習会修了。
2020年 グッドデザイン賞(奈義町多世代交流広場)
2020年 土木学会デザイン賞・奨励賞(奈義町多世代交流広場)

日本グラフィックデザイナー協会正会員

成安造形大学非常勤講師(2016〜)
大阪パッケージアカデミー講師(2016〜)

note
Instagram
Twitter
浪本浩一

岩村 彩
ライター

なみもと あや
童話作家

<プロフィール>
信州大学教育学部 教育心理学科卒業。
英国留学後、オックスフォード大学出版局 日本支社に勤務。
2005年よりランデザイン所属。
童話作家・なみもとあや としても活動中。

<資格>
小学校教諭一種免許状 学校図書館司書教諭 図書館司書

<ひとこと>
大手企業から地域の小さなお店まで、いろいろな媒体へのライティングをしています。 特に教育・福祉分野を得意としており、文科省認定・小学校算数教科書、中学数学教科書、男女共同参画センターの定期刊行物、その他、障がい者福祉、高齢者介護、多様性理解の分野で多くの記事を執筆しています。 三人の子育て経験を生かし、母として、女性としての視点を大切に社会と向き合い、仕事に生かしていきたいと思っています。

Instagram
Twitter

メビック扇町取材実績

ー童話作家・なみもとあや としての活動歴ー
○出版歴
『てんとうむしくん と かたつむりくん』
なみもとあや 文  どいかや 絵
(福音館書店『こどものとも年中向き』2021年6月号)
○童話掲載
『あくびだま』(福音館書店「母の友」 2007年8月号)
『うっかりさんのせんたく』(「母の友」 2008年6月号)
『ママにごう』(「母の友」 2009年5月号)
『うちゅう公園』(「母の友」 2009年11月号)
『うれてますよ!』(「母の友」 2012年11月号)
『会いにいかなくちゃ』(「母の友」 2017年11月号)
○記事掲載
『引き揚げ、それは逃避行ー中国大陸からの帰還ー』
(福音館書店「母の友」 2014年12月号)

岩村 彩

浪本佳苗
グラフィックデザイナー

大学で日本文化史について学ぶ。
卒業後、大阪のデザイン製版会社に7年間勤務。
デザイン〜版下〜製版のプロセスをプロ職人から学ぶ。
デザインからフィニッシュワークまで、職人仕込みの正確さと速さでこなす縁の下の力持ち。

趣味は日本美術と仏像めぐり、写真。スポーツ観戦。
日本プロ野球を心から応援する。

浪本佳苗

We believe that design means not only visual images but concepts themselves and the all processes to deliver them to users. For examples, we think it is very important to understand our client’s ideas or ways of thinking because it links the best design expression for clients. To achieve it, all staffs are always at work on being impressible and understanding people. Also, we aim to return new senses to our works.

Corporate Name:

langDesign co., ltd

Address:

IS-bld. 2–1–2 Uchihiranocho
Chuouku Osaka 540-0037 Japan

Contact:

tel +81–6–6484–9386
fax +81–6–6484–9387
mail

Representative director:

Koichi Namimoto

Established:

in 2005, November

Business:

Design (graphic, type, product and website)
Writing (interview, articles and copy writing)

back